リフォームを成功させるために必要なこと【工事中の確認点】

リフォームを成功させるために必要なこと【工事中の確認点】

リフォーム

作業直前・作業中の注意点

リフォームの内容を業者と相談し、契約を結ぶといよいよリフォームがスタートします。準備期間がおわり、業者に任せる内容が多くなりますが、依頼主がやるべきことはまだ残っています。近隣住民とのトラブルを防ぎ、スムーズに施工を進めるために協力したり、実際に現場に出向き確認することでリフォームを成功に導きます。千葉にも信頼できるリフォーム業者はありますが、全て任せるのではなく自分でチェックすることも大切です。

男性

契約後から工事前の期間での確認点

依頼後実際にリフォームが始まる前に、担当者と近隣に挨拶周りをしておくと安心です。トラックなどの一時的に止めておくスペースは、業者側で確保するでしょうが、事前に了解をとることでトラブルを防ぐことができるでしょう。また、仮住まいが必要になる場合や、施工場所によって家具や荷物の整理が必要になります。貴重品を紛失することが無いようしっかり準備しましょう。

作業員

工事中にやるべきこと

工事中は挨拶に出向くなど、仕事の邪魔にならない程度にコミュニケーションがとれる状況を作りましょう。疑問や不安をすぐに相談できますし、要望があれば担当者に連絡しやすくなります。また、トラブルを防ぐためにも何か変更があれば書面に残し、口約束は避けてください。スケジュールどおり進んでいるか、依頼内容にそっているかを確認するためにも、時間がある時は現場を訪れるのが良いのです。

工事中のチェックポイント

  • 担当する職人さんが時間通りに来ているか
  • 挨拶などきちんとコミュニケーションが取れるか
  • 工事外の場所をシートなどで保護しているか
  • 毎日の作業後に片付けがされているか
  • スケジュールどおりに進んでいるか
  • 希望や指定した内容にそって進めているか

広告募集中